ハイドロキノンとは?


なんとなく、美白効果があるという事を知っている人は多いと思いますが、
間違った使い方をしてしまうと余計肌が荒れてしまう事がありますので、
理解を深めてから使用するようにしてくださいね!

ハイドロキノンには、シミなどの色素沈着の原因であるメラニン色素の合成を抑える効果があります。
もう少し詳しく言うと、メラニン色素を合成する酸化酵素(チロシナーゼ酵素)
の働きを阻害して、メラニン色素の合成を抑制してくれます。

また、「還元作用」があり、メラニン色素そのものを薄くする効果もあります。
即効性が高く、メラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)を破壊するので
「肌の漂白剤」なんて言われたりもしています。

アメリカでは化粧品、医療品として20年も前から使用されています。
シミなどの色素沈着を改善するために、一般的に流通しています。

日本ではあまり知られていないような感じがします。
美白成分と言ったらビタミンCとかでしょうか??

そんなビタミンCやアルブチンの10倍から100倍の美白効果が
ハイドロキノンにはあると言われていますから驚きです。

ただ、これだけ効果の高いものですから、間違った使い方をしてしまうと
白斑や炎症、かぶれなどの肌トラブルが発生してしまうことがあります。

ハイドロキノンが肌に合わない人も中にはいますから、
ちゃんとパッチテストを行って問題がないか確認した上で使用するようにしましょう。

また、ハイドロキノンの濃度(詳しいページへ)や、紫外線(詳しいページへ)などの影響により
肌のトラブルが発生してしまうこともありますので、使い方には充分気をつけるようにしましょう。

ハイドロキノンが有効な肌トラブル


ハイドロキノンがシミに効いて、美白にしてくれる、というのは
分かったんですが、その他にも何か効果があるのでしょうか。

まず働きについて・・・

 ・シミのもとになる、メラニン色素の生成を抑えます。
 ・メラニン色素をつくる、メラノサイトという細胞の活動を弱めます。
 ・還元作用により、色素沈着を淡色化します。

肌の漂白剤と呼ばれるだけあって、美白効果は絶大です。

ハイドロキノンの優れているところは、シミなどの色素沈着を予防するだけではなく、
すでに出来てしまっているものを改善してくれるという点だと思います。

どのような肌のトラブルに効くの?

【老人性色素斑】
 老化や紫外線などによってできた一般的なシミのことです。
  薄茶色で、平らなシミで、肌の浅いところにできます。

【炎症後色素沈着】
 ニキビ跡やケガ、やけどなどでできた、炎症後に出来た色素沈着のことです。

【肝斑】
 頬や額に出来るうっすらとした茶色のシミです。
 ホルモンバランスの変化などによりできやすいです。

その他、
 ・脇やおしりなどの黒ずみ
 ・乳首や乳輪の黒ずみ
 ・そばかす
などにも効果があるようです。

ただ、効果のないシミもあります。
脂漏性角化症、ホクロ、色素性母斑などです。

 

 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法