ハイドロキノンの基礎知識

ハイドロキノンの濃度

ハイドロキノンには様々な濃度のものがあります。
濃度が高ければ高いほど効果があると言われています。


じゃあ濃度を出来る限り高いやつを使おう!と思われるかもしれませんが、
濃度が高くなって上がるのは効果だけではありません。肌への刺激も大きくなります。


各濃度別の効果と服作用をまとめました。


・1?3%
  刺激が少なく、はじめての方などが安心して使える濃度です。
  そのため即効性が低いのでなかなか効果が現れづらいのですが、
  長期で使用し続ければ効果を得ることが出来ます。
  顔全体に付けても大丈夫だと言われていますが、
  人によっては刺激が強すぎる場合もあるので気をつけて使用しましょう。


・4%程度
  副作用のリスクは少ないです。
  そして、充分な効果も得られるため、
  一般的な治療にはこの濃度の物がよく使われているようです。


・5?10%
  皮膚科における治療で使われたりする事がありますが、
  皮膚の色素が抜けて白くなってしまうなど、副作用が強いため、
  家庭では医師の指示がない限り使用は控えたほうがよさそうです。
  たまに通販などで高濃度のハイドロキノンを見かけますが、ちょっと危険です。


早く効果を出したいからーといっていきなり高濃度のものに手を出すのは
絶対にやめてください。
肌をキレイにするためにハイドロキノンを使っているのに、
余計悪化してしまったら元も子もありませんよー!


どの濃度にしてもパッチテストをしてから使用するようにして下さい。
どれだけ低い濃度でも、合わない人は合わないようですので・・・。


皮膚の弱い二の腕などにハイドロキノンを塗り、
その上から絆創膏をして24時間たって問題がなければ大丈夫です。


また、使い続けて行くうちに異変を感じるということもありますから
注意深く、肌の調子をチェックしながら使用してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法