ハイドロキノンの基礎知識

ハイドロキノン使用中は紫外線のダメージを受けやすい

ハイドロキノンを使用するときに注意しなければいけないのはズバリ紫外線!
塗っている時は絶対に浴びてはいけません。


ハイドロキノンを使用しているときは普段よりも肌へのダメージが大きいです。
なぜなら、紫外線から肌の細胞へのダメージを防いでくれるメラニンの働きを
ハイドロキノンが抑えてしまうからです。
メラニンってただ色素沈着を起こすだけの物じゃないんですね。


メラニンのない無防備な肌に紫外線が当たってしまうと、
しわ、たるみ、シミなどの肌老化につながりますからくれぐれも気をつけてください。
(最悪、皮膚がんになってしまうことも・・・!)


また、炎症により、皮膚自体が紫外線に弱くなっています。


ですから、日中は必ず日焼け止めを使用してください。
蛍光灯からも紫外線は出ていますから、室内でも必ず日焼け止めを塗りましょう。


紫外線吸収剤不使用の、肌に優しい物がよいです。
そして、日焼け止めは数時間で効果が切れてしまいますので
出来る限りこまめに塗りなおすようにしましょう。


(また、紫外線を出来るだけカットするために、
PA値の高い日焼け止めを選びましょう。)←これはちょっと微妙ですので省いてください


ですが、なかなか外で塗りなおすのって顔だと難しいですよね・・・。
なので、最近スプレータイプの物がでていますから
それを上から拭きかけるのがオススメです。


日中ハイドロキノンを塗っても大丈夫なのか。
それにしっかり日焼け止めさえ塗れば大丈夫です。


・・・が、ハイドロキノンが紫外線にあたると、変色する上に、
毒性の物質に変化してしまいます。
どうしても日中塗りたいのであれば、かなり注意して塗ってください。


出来れば、最初のうちは夜寝る前に塗るのがいいでしょう。


それにしても、紫外線というのは悪い働きばかりします。
一昔前に比べ、オゾン層の破壊により、紫外線が地上に届く量が増えているせいか、
お肌の曲がり角と呼ばれる年齢が下がっているようですよ!


日焼け止めを惜しみなく、たっぷり、こまめに塗って紫外線を防ぎましょう。

 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法