ハイドロキノンと一緒に使うと効果的

トレチノインでハイドロキノンの効果を早める!

ハイドロキノンと調べてみると、必ず出てくるのがトレチノインです。
トレチノインを使用する事によって、ハイドロキノン単品より美白の効果が早く出ます。


どういうことかというと、普通のハイドロキノンは浸透しづらいという性質を持っていますが、
トレチノインの肌のターンオーバーを促進させるという働きがそれを補ってくれます。


また、トレチノインを使用した時にできる炎症によって色素沈着を起こすことがありますが、
ハイドロキノンの漂白作用によって防いでくれます。


つまり、トレチノインとハイドロキノンはお互いの欠点を補い合うという特性があります。


しかし、このトレチノインは市販では売っておらず、
医師による処方が必要になります。


それ以外に入手しようとなると、海外輸入するという手がありますが、
扱いが難しいので慎重に取扱ってください。


一応、レチノールとして市販の化粧品に含まれていることもありますが、
その効果はトレチノインの約100分の1とされているのであまり効果は期待出来なさそうです。


<トレチノインの効果>


ビタミンA誘導体であるトレチノインは、
血液中に微量ですが含まれているため、アレルギー反応や抗原抗体反応を起こすことはありません。


どうしても治らない、ニキビ跡のような肌トラブルにも効果的で、
肌を活性化する働きを多く持ちます。


・肌の角質を剥がすピーリング効果があります。
・肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸を増やし、長期的には肌にハリを与え、シワを改善します。
・表皮の細胞を分裂、増殖させ、ターンオーバーを促進させます。
 通常4週間程度かかるところを2週間に速め、メラニンを排出します。
・皮脂腺の働きを抑え、皮脂の過剰分泌を抑えるので、ニキビ肌に効果的です。


肌へのよい作用は多くある事がわかりましたが、副作用があり、
取扱には充分気をつけなければならないという事も頭に入れておかねばいけません。


トレチノインで治療をはじめるとヒリヒリします。


ある程度のヒリヒリはつきもので治療を続けて行くうちに引いて行くのが普通なのですが、
あまりに痛くて我慢出来ない場合は必ず使用を中止してください。


ひどい炎症になることもあり、せっかく治療しているのに
色素沈着など、トラブルがひどくなってしまうこともありますから気をつけてください。


とにかく傷みが心配なので、はじめて使う方は低めの濃度から始めるようにしてください。
私は最初、うっかり0.1%のものを使用してしまったのですが、
そのときは本当に痛くて、使用を続けられませんでした。
ですから最初は0.025や0.05%ぐらいのものから使用し始めるのをお勧めします。


また、角質がどんどん剥がれていきますので、
皮膚をバリアする機能、保湿する機能がなくなってしまいます。


ですからしっかり保湿をして肌を外的から守る必要があります。


そして、トレチノイン治療中は肌が紫外線の影響を受けやすい状態になっています。
紫外線対策をしないと、シミが余計ひどくなる場合があります。


紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めや、遮光ファンデーションを使用して
きっちりと紫外線から肌を守りましょう。


あと、妊婦の方や、妊娠予定の方は、絶対使用しないでください。
ビタミンAの過剰摂取により、奇形児が生まれてくる事がありますので、
本当に注意してくださいね。


粘膜はデリケートな部分ですから、目と口の回り1cm以内には使用しないでください。


使用方法に関しては、ハイドロキノン使用方法のページに書いてありますので参照してください。

 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法