ハイドロキノンと一緒に使うと効果的

ビタミンC誘導体とハイドロキノンの合わせ技

ビタミンCと言えば、やっぱり美白効果があると考えますよね。


実際に美白効果はあるのですが、直接皮膚にビタミンCをつけるとなると、
あまり効果が無いのです。


というのもビタミンCは水溶性なので皮膚に浸透しないんですよ!
しかも不安定で分子構造が壊れやすいのです。


そんなビタミンCを肌に浸透出来るようにしたのがビタミンC誘導体です。
生体内で酵素反応することによってビタミンCに変化するものです。


とても安定していて、分解せずお肌にしっかり浸透して、
必要な箇所においてビタミンCになります。


ビタミンC誘導体はシミ予防に大変優れていて、
ハイドロキノンと併用するとさらなる美白効果が得られます。


その他にも大変多くの美肌効果があるので紹介します。


<ビタミンC誘導体の効果>


・強力な抗酸化作用で紫外線の害をブロック
  紫外線を浴びると活性酸素が発生し、肌の組織に有害な物質を産み出します。
  ビタミンCには抗酸化作用があり、酸化を防いでくれます。
  ですから、日焼けをした後のお手入れに大変役立ちます。


・メラニンを減らして美白に
  シミの元であるメラニンを減らす働きをします。
  肌を守る働きをするメラニンを減らしてしまったとしても、
  活性酸素を消す働きもありますから、肌を守る事が出来ます。


・コラーゲンをつくり傷が治りやすくハリのある肌へ
  コラーゲン合成促進作用があります。
  そのことによって基底膜が再構築され、傷がケロイド状になりにくく再生します。
  また、お肌にハリがでて、シワ、たるみなどを防ぎます。


・老化を遺伝子レベルで減少させる
  細胞の寿命の長さをコントロールする遺伝子(テロメア遺伝子)
  が短くなるスピードを遅らせて、細胞の寿命を延ばします。


・ニキビを減らし、美肌に
  炎症を抑え、にきびの原因である活性酸素も除去してくれます。
  毛穴を小さくし、皮脂の分泌も減少させる効果もあります。
  また、血管内皮細胞を強化する働きもあり、赤ら顔も改善されます。


ビタミンCはシミをはじめ、様々な肌トラブルに有効と言えます。
ハイドロキノンと併用して使う事で効果が上がるでしょう。


使い方に関しては、ハイドロキノンの使い方のページをご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法