日焼けと紫外線

紫外線から肌を守る日焼け止めの基礎知識

紫外線には注意などのページでも書きましたが、
ハイドロキノンを使う事によって
肌を守るメラニンの働きを抑えてしまうため、紫外線をしっかり予防しなければなりません。


ハイドロキノンを使っていないにしても、
紫外線の肌へのダメージというものは大きく、とにかく日焼け止めを使い
肌を守らなければなりません。


そもそも地上に降り注ぐ紫外線には主に、紫外線A波と呼ばれる「UVA」、
紫外線B波と呼ばれる「UVB」の2種類があります。


UVA


まずUVAとは、全紫外線のうち約95%を占めるもので、
それ自体のエネルギーは弱いものの、照射量が多い上に浸透力が高いので
肌へのダメージも大きいです。ガラスをも通るので室内でも浴びてしまいます。


そして浴びたうちの20から30%ぐらいが肌の奥の真皮層まで
到達すると考えられていて、コラーゲンやヒアルロン酸を作る
線維芽細胞に損傷を与えます。結果、ハリがなくなり、たるみやシワを生み出してしまいます。


また、メラニン色素の合成を促す働きがあるので、シミも増えてしまいます。


UVB


次にUVBとは、全紫外線の約5%を占めるもので、
肌表面で吸収されるので真皮層までは到達しませんが、
それ自体のエネルギーが強いです。


表皮の細胞を傷つけ火傷のように肌を赤くし、
メラニン色素が沈着してシミなどになったりします。


赤く炎症を起こすUVBに比べ、黒く日焼けするものの、すぐに白くなるUVAは
軽視されていたりもしましたが、UVAによるダメージは数年後から10年後に
あらわれますから、どちらもしっかり防ぎましょう。


このUVAとUVBを防御する効果を示しているのが、日焼け止めでよく見るPAとSPF値です。


まずPA値ですが、これはUVAを浴びた後の黒くなりにくさを示した値です。
つまり、UVAからどれだけ肌を守れるかの値です。


PA+、PA++、PA+++、PA++++の4段階のランクに分けられています。
(2013年4月からPA++++も追加されました。)
+が多ければ多いほどUVAから肌を守る事が出来ます。


次にSPF値ですが、これはUVBをどれだけ防ぐことができるのかを示した値です。
SPF2から50+までの表記が認められています。


日焼けを起こすのが約20分といわれていて、
その20分を何倍引き伸ばす事が出来るかの数値を表しています。
例えばSPF20だとすると、20×20=400分=6時間40分は大丈夫というわけです。


ですが、汗や水などで落ちてしまうという事もありますから、
この数字どおりというわけにはいきません。


そこで、日焼け止めはどれぐらいの数値の物をどれぐらい
使えばよいのか、という疑問が沸いてきます。
それは賢い日焼け止めの使い方のページで紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法