日焼けと紫外線

紫外線対策に重要な色と素材

日焼け止めを塗る事はまず、大切ですが、
服や傘で紫外線から身を守るという事も大切です。


外に出るときは長袖をなんとなく着たりしていましたが、
果たしてこれは効果があるのでしょうか。


まず色について、紫外線を一番吸収しにくいのは黒色で、
吸収しやすいのが白色です。


ただ、色の三原色の原理から、黒は光を吸収するという特性を持っていて、
同時に熱も吸収するので着ていると暑いんです。


そして紫外線を一番吸収しやすい白は黒と真逆で
光を吸収しにくく、熱も吸収しにくいので着ていてもそんなに暑くありません。


すずしく、だけど紫外線も防ぎたい・・・となると、
今度は繊維による紫外線の遮蔽率に着目していきます。


紫外線遮蔽繊維やビニロン、ポリエステルなどは紫外線遮蔽率が高いのですが、
ナイロン、絹、綿などは遮蔽率が低いです。


ポリエステルなどの繊維を使った布であれば白色でもそれなりに紫外線を防ぐ事が出来ます。
UVカット機能がついていると尚の事良いでしょう。


ただ、遮蔽率が高い繊維であっても、織り方が荒かったりすると、
あまり効果がありませんので注意してください。


また、傘や、上着などだけでは空中を漂う紫外線などを防ぐことが出来ません。
日焼け止めをした上で、利用するようにしましょう。


あとサングラスについてなのですが、視界が暗くなると
瞳孔が開き、かえって紫外線を吸収してしまいます。
サングラスをかける場合はUVカット機能がしっかりしているものにしましょう。


 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法