日焼けと紫外線

食事で紫外線対策が出来る?

紫外線を防いだり、改善させるために日焼け止めを塗ったり、
日傘をさしたりしていますよね。


でも、内側からの紫外線対策ってあまりしていないんじゃないですか?
実は、食事で紫外線対策をすることができるんです。


紫外線から肌を守る抗酸化作用のある成分や、
紫外線を浴びてしまった肌を回復する代謝を高める成分など、
紫外線対策に有効な成分を持つ食材がいくつかあります。
働きと共に、紹介していきたいと思います。


・ビタミンC・・・レモン、ブロッコリー、キウイ、ピーマンなど


 日焼けといったらビタミンCです。
 強い抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑制する働きもあります。
 また、コラーゲンの生成に欠かせない成分です。
 紫外線予防、回復どちらにも効果があります。


・ビタミンE・・・かぼちゃ、大豆、さば、いわし、ナッツなど


 抗酸化作用があり、肌を紫外線から守ります。
 血行を促すので血色が良くなります。
 ビタミンCと一緒に摂取するとより効果的です。


・ビタミンB2・・・牛乳、うなぎ、卵、レバー、納豆など


 新陳代謝を活性化させる働きがあります。
 また、皮脂の分泌もコントロールしてくれます。


・アスタキサンチン・・・イクラ、鮭、カニ、エビなど


 強い抗酸化作用がある天然色素です。
 メラニン抑制作用もあり、肌のダメージを修復してくれます。


・リコピン・・・トマト


 抗酸化作用についてはビタミンEの100倍とも言われています。
 また、メラニンを生成する酵素「チロシナーゼ」の働きを抑えます。
 加工されたものはより効果を発揮します。色が濃いほど効果が高いです。
 ただ、リコピンの働きを発揮するためにはタンパク質をしっかり摂らなければなりません。


などなど。他にも抗酸化作用のある成分はβ-カロチン、エラグ酸、セレンなどがあり、
回復効果のある成分には亜鉛、L-システインなどがあります。


意識して食べるように心がけて、身体の中からも紫外線と戦いましょう!

 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法