日焼けと紫外線

紫外線・日焼けの豆知識

意外とみなさん勘違いしがちな、紫外線・日焼けの豆知識をこのページでは紹介していきます。


<天気と紫外線>


晴れの日だけ、紫外線対策をすればいいなんて大間違い!
快晴の日と比べて、うす曇りの日は約80から90%、曇りの日は約60%、
雨の日は約30%の紫外線量になります。


さらに、雲間から太陽の光が差しているとき、
雲からの散乱光が加わるため、快晴のときより多くの紫外線量になる場合があります!


天気が悪いからといって紫外線対策をおろそかにしてはいけません。
いつもやつはいるぞ!って思っててください笑


<紫外線は下からも・・・>


紫外線は反射します。つまり、下からも紫外線は降り注いでいるという事。
反射率は砂浜で25%、アスファルトで10%、水面で10?20%です。


そしてなんと雪は80%もあります!
スキー場で焼けてしまうというのも無理ないですね。


下からの紫外線もしっかり防ぎましょう。


<場所による紫外線量の違い>


1000m標高が高くなると、紫外線が約10%強くなるそうです。
(大気が澄んでいるところだともっと増加します。)


また、南にいくほど紫外線量が多くなり、
札幌に比べ、那覇の紫斑紫外線量(紫外線が人体へ及ぼす影響の度合い)
は約2倍も多くなっています。


<日焼け止めの塗りなおし>


朝、頑張って日焼け止めを塗ったからといって
汗やこすったりなんかして取れてしまいます。


体に関しては簡単に塗りなおせるのですが、
顔は化粧をしているのでなかなか塗りなおしづらいですよね・・・


そんな時は最近流行っているスプレータイプや、
ハウダータイプの日焼け止めを使うのがおすすめです。


2つとも上からふわっと乗せられるので、化粧を落としてから付ける必要がありません。


<日焼けしてしまった後の対処>


しっかり日焼け止めを塗ったはずだったけど、
遊びに夢中になりすぎて、塗りなおすのを忘れて日焼けしちゃった・・・
なんてことがあると思います。


そんなときはすぐにクールダウンしましょう!
布にくるんだ保冷剤や、ぬれたおしぼりなどでお肌を冷やしてください。


お肌を冷やしたら次は保湿です。
化粧水をたっぷり含ませたコットンで優しく潤してください。
シートマスクを使うのもよいでしょう。


あと!ビタミンC誘導体が日焼けしたあとのお肌にとっても良いです。
抗酸化作用で酸化を防ぎ、メラニンを減らす働きをするので最適です。

 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法