日焼けと紫外線

髪の毛も頭皮も日焼けしますよ!

肌には日焼け止めを塗ったりするけど、髪の毛って意外に忘れがちです。
そもそも、紫外線が髪の毛に及ぼす影響を知っていますか?
肌と同様に、老化していきます・・・!


毛髪はタンパク質でできているのですが、
紫外線はタンパク質のアミノ酸のシステイン構造を分解してしまうのです。


それによりキューティクルが剥がれて乾燥してしまうことにより、
ツヤがなくなり、枝毛や切れ毛などのダメージが発生します。


また紫外線は毛髪内部のメラニンも分解してしまい、
赤茶色のまさに日焼けしたような色になってしまいます。


特に脱色した髪や白髪はダメージを受けやすいので、より用心してください。


影響は頭皮にも及びます。
髪の毛があるからといって油断してはいけません。
特に分け目なんかは地肌が見えていますから危険です。


日焼けした頭皮は乾燥や炎症を起こしやすくなります。
そして紫外線によりコラーゲンなどが破壊され、頭皮の弾力が低下し、
抜け毛を引き起こしてしまいます。


特に夏場は皮脂の分泌量が多く、紫外線量も多いので注意しなければなりません。


どのような対策をとればいいのかというと、まずは帽子を被ることですね。
ただ、注意したいことは通気性の良い物にしてほしいということ。
通気性が悪いと毛穴が詰まってしまい、抜け毛などの原因になってしまいます。
あとはつばの広いものだと顔もしっかり紫外線をカットできます。


あとは髪の毛用の日焼け止めをつけたり、紫外線用カットする
ヘアケア用品を使うのが良いでしょう。
地肌はいつも同じ所が当たりすぎないよう、分け目をころころ変えるのも手です。
日傘をさして直接当たらないように防ぐのも有効です。


日焼けしてしまったら、頭皮はまず冷やしましょう。
しっかりトリートメント(ヘマチンが入っていると良い)をすることや、
ブラッシングをすることを忘れないようにしてください。
イオンドライヤーなどで髪を潤すのも良いでしょう。


髪の毛、頭皮も油断せず、しっかりと対策をとっていきましょう。


 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法