日焼けと紫外線

これは盲点!目から紫外線は全身のシミにつながる!?

髪の毛や頭皮だけではなく、忘れてはいけないのが目の日焼け!
紫外線は目へも害をもたらします。


目に紫外線を浴びると目が充血したり、乾燥したり、涙が出るといった症状が出ます。
これは、角膜や結膜などがダメージをうけているために起こります。


急性のトラブルとしてあるのが、雪山などで目を保護しなかったために起こる「雪眼炎」です。
目が開けられないほどの痛みを感じます。


また、UVBがタンパク質を破壊し、水晶体も傷つけます。水晶体は新陳代謝しませんから、
長期に渡り浴び続け、老化が進んでいくと白内障になってしまいます。


他にも翼状片など、目そのものの炎症もありますが、
目の日焼けが肌の日焼けにつながるということをご存知でしょうか。


マウスを使った実験で、耳だけに紫外線を当てたマウスは
耳だけがメラニンの量が増加したのに対し、
目だけに紫外線を当てたマウスは体全体のメラニン量が増加したそうです。


これは目に紫外線があたると、角膜が炎症を起こし、脳下垂体が刺激され、
脳がメラニン色素を作るように指令を出すためです。


ですから、しっかり目を紫外線から守る必要があります。


ここで一番良い方法がサングラスなのですが、
注意せねばならないことがいくつかあります。


防ぐには出来る限り色の濃いもの!・・・がよさそうな気がしますが、これは間違いです。
色が濃いと瞳孔が開いてしまい、隙間から多くの紫外線を吸収してしまいます。


UVカット加工さえされていれば、どんな色でも防ぐ事が出来るので、
出来る限り薄い色のものをかけるようにしましょう。
光量を調節してくれる調光レンズ、自然光のみを通す偏光レンズが特におすすめです。


また、紫外線は横からも侵入してきます。
面積の広い物や顔によくフィットするものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法