シミについて

シミができる仕組み。メラニンは敵か?味方か?

年齢と共に増えていくシミ・・・
確かに老化すると、代謝が悪くなり、メラニン色素が溜まる事によって
シミを生み出しますが、他にも色々な原因があります。


シミについて、メラニンから出来るという事は知っていると思いますが、
もう少し詳しく説明していこうかと思います。


メラニンはシミを作り出す敵だ!!なんて思われているかもしれませんが、
実は紫外線から肌を守ってくれています。


紫外線が細胞の中の核に当たると、DNAが壊されたり、細胞が死んだり、
悪い場合皮膚がんになってしまったりします。


それを防いでくれるのがメラニン色素です。
表皮角化細胞に供給して、真皮に紫外線が届かないようブロックしてくれます。


まず、紫外線が当たる事でメラノサイト刺激ホルモンと活性酸素が発生します。
そのメラノサイト刺激ホルモンがメラノサイトにメラニンを作るよう指令を出します。


そしてメラノサイト内のチロシナーゼという酵素が活性酸素を吸収、分解します。
それを材料につくられるのがメラニン色素です。


普通はそのメラニンはターンオーバーによって垢として排出されます。


しかし、紫外線に当たり続けてしまったなどの原因により、
メラノサイトがメラニンを大量に作り続けてしまった場合や、
ターンオーバー(お肌の新陳代謝)の乱れなどで
排出し切れず、残ってしまったのがシミというわけです。


また、紫外線以外でもメラノサイト刺激ホルモンが増え、
シミが出来てしまう原因というのがあります。


肌を擦ったりして傷つけたり、タバコやストレス、添加物などで活性酸素を多く発生したり、
肝臓が悪くなり、老廃物が血液を流れたりすることなどがそれにあたります。


また、生理前の10日間は黄体ホルモンの関係でメラノサイト刺激ホルモンが分泌されます。
ですから、男性より女性の方がシミができやすいので注意してください。


紫外線からしっかり身を守り、悪い刺激を生み出さない健康的な生活を送って
肌の新陳代謝も高めたりして、シミを作らないように心がけていきましょう。


<補足>


脂性肌の人や、油分の多い化粧品などの油分は酸化しやすいので注意が必要です。
活性酸素が発生し、メラニンを生み出してしまいます。


こまめに取り除いたりオイルレスのものを使ったりして油分対策をしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法