シミについて

色んな種類のシミ・ほくろとの違い・皮膚がんの見分け方

一重にシミと言えど、色んな種類があるのをご存知ですか?
いくつかのシミの特徴と治療法を紹介していきます。


・老人性色素斑


紫外線や、加齢によってできる一般的なシミで、頬骨の高いところに出来やすいです。
薄い茶色のシミで、盛り上がらず平らで、肌の浅い層にできます。
年齢と共に濃くなっていきます。再発もしやすいです。
ハイドロキノンやレーザー治療などが効きます。


・肝斑


目の下や頬の辺りに左右対称に出る、濃淡の均一なシミです。
ホルモンバランスが関係していると言われていて、
妊娠中や、ピル服用中に発生しやすく、閉経と共に消えます。
ハイドロキノンや、レーザー治療、トランサミンの内服などが効きます。


・そばかす(雀卵斑)


幼少期からできる、鼻を中心に左右に散らばる小さなシミです。
色白の人に多く見られ、遺伝的なものです。
紫外線の影響によって濃くなりますので注意が必要です。
ハイドロキノンや、フォトRF、レーザー治療などが効きます。


・色素沈着


ニキビややけどなどの炎症の後にメラニンの沈着によるシミができます。
炎症が続かなければ、時間の経過とともに消失していくものなのですが、
紫外線の影響などで長く残ってしまうことがあるので注意が必要です。
ハイドロキノンやレーザー治療などが効きます。


・脂漏性角化症


 肌の老化に伴ってできる、盛り上がっているイボ状のシミです。
 過剰にメラニンが産出されて色が濃くなって、角質が厚くなって盛り上がっていきます。
 こめかみ辺りや、手の甲などにできやすいです。
レーザー治療や冷凍療法などが効きます。


・大田母斑


目の周りを中心にできる灰青色から褐青色のあざのようなシミです。
生まれた時からある場合と、思春期から徐々に広がっていく場合とがあります。
特に黄色人種に多いシミです。
レーザー治療などが効きます。


ハイドロキノンが有効なシミは、
老人性色素斑、肝斑、そばかす、色素沈着です。
脂漏性角化症や太田母斑、またホクロなどには効果がありません。


ほくろとの違い


シミは表皮内で作られたメラニン色素がターンオーバーで排出されず、
残ったままになってしまったものですが、ほくろとはどう違うのでしょうか。


ほくろはメラノサイトが皮膚の一部に集まって出来た母斑の一種です。
メラニン色素が密集することで黒く見えるのです。


ほくろには種類があり、平らなものは単純黒子、
盛り上がりのある物を色素性母斑と言います。


成長に伴い50代ぐらいまで体中に増え続けますが、
顔に出来やすいということから紫外線の影響が強いということがわかります。


そのほとんどが良性腫瘍なのですが、
悪性黒色腫(メラノーマ)、つまり皮膚がんである場合があります。


発生原因は物理的な刺激(何かにぶつけたなど)もありますが、
肌の露出に多い部分にできやすいことから紫外線の影響は大きいです。


悪性黒色腫の見分け方


・円ではなく、非対称な形状をしている
・境界線がぼやけている
・色が均一で無い
・直径6mm以上


これにあてはまるほくろなら、病院で診てもらった方がいいでしょう。
そして悪化する前に切除をしてもらいましょう。


悪性、良性に限らず、ハイドロキノンなどの美白剤などでは
ほくろを消すことは出来ません。
レーザーや切除手術などによって取る事ができます。

 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法