お肌のトラブルエトセトラ

ニキビのできる原因・ニキビケア方法

思春期ニキビ、大人ニキビ・・・出来やすい人はずーっと出来てたりしますよね。
(大人になってからのは吹き出物というほうが一般的かな?)


私も、若い時ほどではありませんが、今でも油断するとちょこちょこ出来ます。


最近になって、ニキビはお肌の病気です!皮膚科へ行きましょう!
・・・なんていうCMをやるようになりましたが、その通り、病気です。


尋常性?瘡(じんじょうせいざそう)という病名なのですが・・・しっくりこない!(笑)


皮脂の分泌が活発な顔や胸、背中などはニキビが出来やすいです。


皮脂を分泌する毛穴が詰まってしまうことでニキビが出来てしまうからです。


皮脂分泌が活発になってしまう原因としては、
成長ホルモンや男性ホルモン、黄体ホルモンといった
ホルモンバランスの乱れによる影響が大きいです。


ホルモンバランスは不規則な生活や、ストレスを溜め込む事で
乱れることが多いです。


また、毛穴が詰まる原因としては新陳代謝の低下やホルモンの影響で
肌が固くなってしまい、ターンオーバーがちゃんと行われなくなってしまうことにあります。


とにかく規則正しく、健康的に生活することが大切です。


他にも髪の毛が当たったり、擦れたりといった外部刺激もニキビの原因となりますから、
なるべく肌に触れないように気をつけることが必要です。


不清潔にしないことも大切なので洗顔は欠かせませんが、
洗い過ぎると必要な油分まで取り去って逆に皮脂を分泌してしまうので注意しましょう。


ニキビには段階があって、
白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ
となっていきます。


白ニキビ、黒ニキビの段階だとコメドが詰まっているのですが、
上手く押し出せば炎症にならず、跡が残らずに治る事が多いので、
出来る限り皮膚科などで適切に処置をしましょう。


赤ニキビや黄ニキビになってしまうと
炎症を起こし、色素沈着やクレーターなどのニキビ跡になってしまうので注意が必要です。


絶対に潰したりしないようにして下さい。
皮膚科で塗り薬や飲み薬を処方して貰うのが良いです。


ハイドロキノンは炎症中のニキビには塗らないようにしましょう。
炎症が治まったあとの色素沈着を伴うニキビ跡にはとても効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

口座開設方法